免許の種類

Boat License

BOAT LICENSE免許の種類

免許の種類
一般には「ボート免許」と呼ばれていますが、正式には「小型船舶操縦免許証」といい、船舶職員及び小型船舶操縦者法により定められ、国土交通大臣が発行する国家資格です。エンジン付きボートやヨット、水上オートバイに乗る場合は、ボート免許が必要となります。
※ 長さ3m未満、推進機関の出力1.5kW(約2.04馬力)未満の船舶を除く。

1級から特殊小型まで4種類あるボート免許。1級を持っていれば、ボートやヨットなどの小型船舶を外洋100海里まで操船することができます。しかし、陸岸が見える範囲内でフィッシング、クルージングなどを楽しむのであれば、2級免許で定められている5海里という航行区域は十分といえます。また、マリンジェットなどのパーソナルウォータービークルで楽しみたいのなら、特殊小型免許でOKです。つまり、自分のプレイフィールドやスタイルにマッチしたボート免許を選ぶことが重要なのです。

種類

免許の種類
特殊小型免許
マリンジェットライディングやウェイクボードを楽しみたい方におすすめです
2級湖川小出力限定免許
湖でのバスフィッシングを楽しみたいなら、2級湖川小出力限定免許がおすすめです。
2級免許
フィッシングやクルージングなど、いろいろなマリンプレイを楽しみたい方にピッタリなのが2級免許です。
1級免許
スポーツフィッシングや外洋セイリングを楽しむなら1級免許を。

資格 船の大きさ
(総トン数)・出力
航行区域 受験可能年齢
1級 20トン未満 外洋 ※1 満17歳 9か月以上
2級 20トン未満 ※2 平水区域および陸岸より
5海里以内
(約9キロメートル)
満15歳 9か月以上 ※2
2級湖川小出力限定 5トン未満・エンジン出力
15kW未満 ※3
湖・川および指定区域 満15歳 9か月以上
特殊小型 水上オートバイ 海岸より2海里以内
(約3.7キロメートル)
満15歳 9か月以上

※1 動力船で陸岸より100海里以上出る場合は、6級海技士(機関)以上の乗船が必要
※2 国家試験合格時に満18歳に満たない場合は、18歳を迎えるまでの期間中は操船可能な船舶の大きさが5トン未満のものに限定されます。
※3 20.4馬力未満

  • 採用情報
  • セントラルボートブログ
  • ヤマハ製品
  • YAMAHA SPECIAL SITEイグザルト36スポーツサルーン
  • CENTRAL EXULT CLUB
  • セントラルボート
    商号
    セントラル株式会社
    (Central Co., Ltd.)
    所在地
    本社 〒292-0831
    千葉県木更津市富士見3-1-22
    電話番号
    0438-23-2091(代表)
    FAX番号
    0438-23-1455
    地図
    GoogleMapで見る
ページの先頭へ