見ごたえのあるシンガポールヨットショー

Blog

BLOG見ごたえのあるシンガポールヨットショー

数年に一回の割合でPW安全協会千葉支部で海外ボートショー研修を行っています。

今年はシンガポールのヨットショーに決め、WEBで入場券を購入し、飛行機、ホテルも早めに押さえました。

シンガポールの旅費は今までの東南アジアのそれとは異なり割高です。

ヨットショー開催は4月10日から12日までなので、我々は到着した日の翌日にショーの

初日に合わせました。

ついた朝はすぐチェックインできたので、ちょっと部屋で休憩。

今回はシンガポール初めてのメンバー、数回来ているメンバー、かなり昔業務で1.5年くらい滞在していたメンバーなど色とりどりですので、無理せず市内探索。

最初にムスタファーセンターでお土産を購入、そしてもちろんマーライオン

(また修繕をしていました)。

それ以外、地下鉄・タクシーを多用し、ゆったりと動いた次第です。

その日の夜は先月当地へ赴任してきたヤマハマンとマリーナベイサンズホテルで、

中華料理で夕食会です。

さて翌日、実はヨットショーは15時から21時までなので、それまではまったりと

疲れをとり、そしてシンガポール国立博物館を訪れました。

参加者の皆さんに博物館とチームラボを見てもらいました。

何度見てもいいものです。

本題のヨットショーですが、セントーサ島の静かな入り江に面した

しゃれたマリーナ(ONE° MARINA SENTOSA COVE)で行われています。

沢山の写真でその雰囲気を見てもらいたいとことろですが、

フォートローダーデールやマイアミボートショーの小型版のような展示・

開催の仕方のようです。(最近ヨーロッパのボートショーは見てないので)

ただ、マリーナ全体の緑の濃さ多さにはびっくりします。

クラブハウスやその周りのお店などはこせこせしたいなくて、

ゆったり感でいっぱいです。

やはり、シンガポールですね。

それでは写真をUPしますが、興味のある方は来年の開催日に合わせ、

シンガポールを訪れるのもいいかも知れませんね。近いですし・・・

おすすめです。 Oshima

 

 

クラブハウス2階より写す

 

同じく上から写す

 

参加者全員(記念・証拠写真)

 

マリーナ・ヨットショーの全体図

 

見慣れた景色

 

入口付近です

 

横断旗もこんな感じ

 

マリーナを囲んでこのようなお店があります

この先にはマリーナを見下ろすリゾートマンション

 

いわゆる外の雰囲気

 

インドアはテント設置。この中にいろいろなお店

 

ヤマハもテントの中でJET・船外機の展示

地元のディーラー出品だそうです。

 

ここでもお決まりの証拠写真

 

ここでチケット交換(WEB)申し込み済み

終わると、手首に巻くIDタグをもらいます

 

初日のイベント?ちょうど出くわしました。

横浜の中華街でも見ますね

 

こんな物も出店。タイ?のお店?

 

バースに戻って、ヨットを見る

 

同じくヨットを見る

 

受付です・・おしゃれ(フランス?)

 

やはりマリンには高級車

 

  • セントラルボートブログ
  • CENTRAL EXULT CLUB
  • YAMAHA SPECIAL SITEイグザルト36スポーツサルーン
  • ヤマハ製品
  • 採用情報
  • セントラルボート
    商号
    セントラル株式会社
    (Central Co., Ltd.)
    所在地
    本社 〒292-0831
    千葉県木更津市富士見3-1-22
    電話番号
    0438-23-2091(代表)
    FAX番号
    0438-23-1455
    地図
    GoogleMapで見る
ページの先頭へ